2008-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両親への挨拶

お友達サンとか

勝手にストーキングさせてもらってる方のブログなど


読んでいると、


「両親への挨拶」って話題が出ている事が多い。



彼女の両親へ挨拶に


○行こう、早い方が良い。

○いや、まだ止めとこう。もう少し慎重に。

○行かないよ。


お父さんには何度も会っているが(ただの仲の良い友達だと思っていると思うが)
俺も出来ることなら姫が大好きだったお母さんに挨拶したかった。

きちんと、真っ直ぐ気持ちを伝えて、分かってもらいたかった。
その上でこれからも姫と付き合っていきたかった。


以前に一度だけ、
姫と一緒にお寺の仏壇に手を合わせて、田舎にあるお墓参りもした。


気持ちは届いただろうか。

祈りは届いただろうか。


死んでしまっては

俺らの関係に賛成も反対も出来ない。

賛成してくれていれば良いのだが、
あの世の何処かで


今も反対しているかも知れない。



ただ ただ


祈るしかない。

天に

気持ちが届くように...
スポンサーサイト

飲み会

先日職場の同僚との飲み会があった。

ほぼ強制参加(笑。


まぁ来月から異動する子とかも居るから職場内送別会も兼ねて。


とりあえず皆、酒で乾杯。


カラオケに行ったが、とりあえず飲む、喋る、飲む、喋る、喋る、食う、飲む、飲む、喋る、飲む・・・みたいな感じ(笑。

誰一人歌わないよーカラオケなのに。
これだったら居酒屋で良かったのでは?とも思ったくらい。

まぁ皆サン、酔っ払ってきて、今度はマイク離さない人がいるわけだ。
肩組んでデュエットとか歌っちゃったり。あーあー。
そして必要以上に盛り上げる人がいるわけだ。お決まりだな。

俺は酔わないから・・・
まぁ素面だったが皆に合わせてとりあえず笑って過ごしたけど。

ホントに傍観してた感じだけど・・・
灰皿ひっくり返す子がいたり、軟骨に付いてたレモンが宙を舞ったり、と。

酔っ払いは怖いねー(笑。

まぁそんな酔っ払い集団な同僚嫌いじゃないけどな。

どのくらい掛かっているのか?

んんー・・・


寒いッ。


室内で着る物が既にファー付きセーターとかになりつつあります北海道。

寒いのは好きだがまだ冬支度が万全ではないのだ・・・

暖房はまだつけるには早いしなァ。

とりあえず着込む、これ基本。



だが朝はやはり寒い寒い・・・寒い。

朝の寒さだけは苦手だ。

姫の話によると朝起きるのに掛かる時間が前よりも長くなっている、と。

俺は何分掛かってるのか全くワカラナイが。


姫「王子ー王子ー、起きてー」

王子『んー・・・・』

姫「寝ないで起きてー」

王子『んー・・・・・・・』

姫「王子ー!!!!ホントに起きてー!!!!」

王子『あと10分・・・・』

姫「ダメだって!!ホントに時間ないんだって!!!!」

王子『んー・・・』

姫「送っていってくれないんだったらもうタクシーで行かないと間に合わないんだよー!!!(涙」

――王子ようやく覚醒。

王子『何でお前はいつもそうギリギリなんだよ。もっと余裕持って起きれば良いだろうが』

姫「起きてるわ!!!!私は1時間以上前から起きてるわ!!!!」

王子『あァ、そうなの?』

姫「そうだよ!!!!王子起こすのだって30分以上前から声掛けてるんだからねッ!!!!」

王子『へぇー』

姫「へぇー、じゃない!!!!早く着替えて!!!!!!!」



こんな毎日(笑。

着々と・・・

あー

最近職場の監査の為に

忙しい日々を送ってました。




少しやつれました(笑。




さて。

もう9月も終わるなァ・・・

最近はめっきり寒くなってきて、実に過ごしやすい( ´∀`)
何たって寒いの好きだからvv

と言うよりも暑いの大嫌いだからvv


まぁ元々夏より冬が好きだからな。


それにしても秋冬服の方が好きだし。
デザインとか諸々。
肌とかも露出したくないしな。


10月になるとー・・・いよいよ東京ディ●ニーの旅☆彡

旅費も振り込んだし、ガイドブックとデカいキャリーも購入したし。

後は計画立てるだけ( ゜3゜)~♪

着々と準備が進んでます。

姫も凄い楽しみにしてるし、俺も折角休み取れたんだから楽しんでこよう。

姫との「初★海渡りデート」(笑。



あー、早く行きたいなァ。

初パーマ

そう、俺が初パーマ・・・・




って違うから(ノリツッコミ?




姫が人生初のパーマをかけてきました( ´∀`)


や、前々から話はしてたのです。



王子『姫、パーマかけないの?』

姫「なに、かけて欲しいの?」

王子『うん、似合うと思うんだけどなァ』

姫「そう?」

王子『あぁ・・・良いと思うな( ´∀`)』

姫「んー・・・でも高いじゃん?」

王子『そうでもないよ。最近は安くなってきてるんだから』

姫「どんなパーマが良いの?」

王子『こうさァ・・・ふわっと広がり』

姫「ふんふん」

王子『下(毛先)の方にシュッとまとまり』

姫「ふんふん」

王子『キツ過ぎず』

姫「ふんふん」

王子『かと言って緩すぎるとすぐ取れてしまうから』

姫「うん」

王子『まぁ、こお・・・ふわっとね』

姫「注文が難しいね・・・」





って事で今日姫がパーマをかけてきてました!!!!
(俺が仕事から帰ってきたら)


可愛い(((*´ε` *)(* ´З`*)))

やっぱり似合うな。

果たして自分に似合うのか?

こんばんは。姫です。

喧嘩したけど、無事仲直り出来て一安心です。
とりあえず、王子が生きてて良かったです。死んだら、もう手が届きませんから…。

さて、昨日は街中でデートをしてきました。楽しかったです^^
王子と手をつないで色々な店を回りました。

「王子。私、お財布が欲しいんだけど。」

『あぁ、買いな。』

今まで、黒革の財布を約12年使いましたね。
今ではその財布はお母さんの形見でなかなか新しい財布に替えられなかったのですが、さすがにボロボロで替え時かなと思ったんです。

王子と一緒に財布を探す事にしたんですが、なかなか可愛い財布が無くて探し回りました。
王子から、高くても良いから使いやすさと自分が気に入ったものを買いなさいと言われたので、思い切って高い財布を買っちゃいました。(一般的には高くないが、私にとっては高かった。)

という事で、王子が財布を買ってくれました(≧∇≦)↓

財布


有難う。王子。

告白された

王子最近また



モテ期到来・・・?!




王子は患者サンに人気があると言われる・・・。

老若男女関係なく。


精神病院だから

若い人は10代も居たし、上はまぁ90代とかまで居るわけ。



最近入ってきた男性患者。

車イス使用なのだが、
ゆっくりゆっくり動き出し、何処かに向かっている。


王子『●●サン、何処に行くのー?』

男性「何処も行かないよ、ただ貴方の元に行きたかった」

王子『あ、私の所?』 ← 一応職場では私。

男性「そう」

王子『何、何か用事ある?』

男性「貴方のことを愛しているから」

王子『あ、そうなの?(笑』

男性「愛しています」

王子『あー(笑)私も●●サンの事好きだよー』


そういうとその男性はニッコリ微笑んで自室に戻って行ったが。



他にも俺が一人で仕事していたら必ず話掛けに来る若い(20代)の子達。

何か王子の下には若い女の子達が集まってくる傾向がある。

俺が喫煙室に入ったのを確認したら吸い終わって出て行ったばかりでもユーターンして戻ってきたり。


王子『あれ、今出て行かなかった?また来たの?(笑』

女の子「だってジンさんが入ってくの見えたから」

王子『あーそう(笑』

・・・何だかよくワカラナイが。




その他色々エピソードがあるが

・・・好かれやすいのか?俺は。



ワカラン。

姫様へ贈り物

本日デートDay。

久々に色々買い物とかして・・・・


疲れたァ(笑。



夜勤明けで寝ないでそのまま行ったからな(笑。



でも凄く楽しかった(*´ω`)人(´ω`*)

楽しい時間はホント過ぎるのが早いよなァ、と。


またしばらくデート出来ない日々が続きそうだ。

来月も仕事忙しくなるし、下手したら東京デートまでお預け・・・?!
∑(´Д`;≡;´Д`)ノ ガーン



今日はちょっと疲れたので明日にでも今日のデート記録書きたいと思います( ゜3゜)~♪

姫への贈り物は・・・・


後々姫が自分でブログ書くと言ってたので
それまで贈り物が何なのかはお楽しみ♪(誰も楽しみじゃねぇよ。

話をした。

仲直りしてから。


あの喧嘩の時の状態の事を話してみた。



王子
『ホントに死のうと思ったんだ』
『もう姫居なくなったと思ったし・・・』
『帰ってこないと思ったから・・・』

『うぅ・・・・グスン・・・』


泣き出す始末(笑。





姫が居ない、

って書いてた時、姫は職場の先輩の送別会に行っていたらしい。
(だから電話もメールも気付かなかったと。)

「王子には次の日に謝ろうと思ってたんだよー;」って。


まぁそんな事知らない俺は勝手に

『出てったんだ・・・もう帰って来ないんだ』

と闇世界へ堕ちていったわけだ。



して、俺が最後に『たすけて』とだけメールして力尽きたのです。



さて二次会に移ろうかと一軒目?を出た時に、
メールに気付いた姫が「コレはヤバイ」と思ったらしく二次会断って飛んで帰ってきたと。


俺がカッター持ってぐったりしてたから姫は
「あー、これはもうイってるかも」と本気で思ったらしい。




姫「ホントに心配したんだよー!!!゚(゚*´Д⊂グスン  思わず手首確認しちゃったんだから!!!!(涙」

王子『切る力も残ってなかった・・・・』

姫「ダメだよー!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。」



「王子は私より先に死なない、私は王子より先に死なない。



約束だよ!!!!!!」




王子『ぅ・・・うぅぅ・・・ん。゚(゚´Д`゚)゚。・・・ゴメン・・・・』









「私が王子から離れていくわけないじゃん!!」
「王子のこと嫌いになれるハズないもん」





有難う、姫。

王子の素顔

王子の素顔ちょっとだけ公開。。。

学生時代は姫とよく(と言うかもう遊ぶ時は毎回)プリを撮ってたのだが

同棲し始めてからかな・・・・
その頃からあまり撮らなくなった。

街中にデート行ってゲーセンとか行ったとしても9割程の確率で撮らない。

たまーに・・・撮るくらい。
今年に入って撮ったのは・・・


(数えてみる)


3回だなァ(少なッ。


まぁ旅行とかどっかドライブ行ったら写真は撮るのだけど。


と言う事なので(どういう事?)

友人と撮ったプリにします。
勿論友人は許可貰ってないので載せませんが、



今ブログ、初★王子のおめめ見える画像(笑。


仕事柄、顔全公開はちょいアレなんで(どれ)

所々隠しで。

まぁ見る人が見ればわかるのだろうけど(笑。

Read More »

そんなこんなで・・・

仲直り。




いやァ・・・



今回は本当に死ぬかと思った



・・・と言うより死のうと思った。




喧嘩の原因はホント些細な事で。

最終的には喧嘩の事で怒っていたわけではなくてね。

まぁきっかけは喧嘩だったのだけれど。




改めて俺の中で姫って存在がどれだけ大きいか思い知った。


別れるって頭にあった時も

感情として怒っているウチは勢いなんだと思うけど。


怒りって感情がなくなった時に

いざ姫と別れて

姫が居ない生活って考えると


食べる事も出来ない、思考がオカシクなる程。

生きていく力まで失うくらいに自分が弱るのが分かった。


今回の件で本当に実感したな。





精神科に勤務していながらも自分の事となると、どうもね。



まぁ・・・・

結果オーライ!!!!!(良いのかそれで。





コメントくれた鍵の方、Tomoサンを始め、拍手で心配してくださった方々、メールくれた友達の皆、ご心配お掛けしまして申し訳ないですヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ



生きてますから!!!!


切ってませんから!!!!!



大丈夫。俺はまだ生きていけます。


とりあえず俺が死ぬ時は姫が死んだ時って事なんで当分大丈夫だろ(笑。



追記にてコメント返し...

Read More »

結末

カッターは見つかったのだが。

手に全く力が入らず切るまでには至らなかった。



それからの事はよく覚えてないが


物凄い吐き気と

止まらない涙と。







どのくらい経ってからか

何時頃かも分からないが深夜0時は過ぎてたと思う。

力尽きてぐったりしてた状態で。






姫に抱きかかえられて

心臓の音がもの凄く早かったのだけ印象的で。



あー、生きてると思った。


姫が何か言ってたけど全然覚えてない。



でも多分急いで帰って来てくれたんだと思う。


思考異常

最初はもうひたすら怒り。


アイツ何処行ってんだ(怒)、と。



電話しても繋がらず、メールしても返事なし。


とりあえず『戻ってこいや』とメールして待ったが、帰って来る気配も返信もなし。


あぁ、もうどうでも良いやと思ってベッドに潜る。



頭痛で眠れない。

苛々するし。

最悪。


帰って来てから何時間か経っているのにも関わらずイキナリの吐き気。


急いでトイレに駆け込み吐いて。

頭痛の薬だけ飲んで


フラフラ状態。



そこから思考ガ オカシクナッタ・・・・・



Read More »

最悪の・・・

昨日までの我が家の冷戦。


何とか終わったようです。


何か昨日の記憶はあまりないが。



昨日俺は姫に連絡もなしに知人女性と飲んでて。

姫から電話が来た。


「話あるから帰って来て」

『無理。今●●サンと会ってるから』

「何時くらいに帰ってくるの?」

『とりあえず今何時』

「・・・19時」

『・・・21時頃だな』

「・・・じゃぁ今日は良いわ」

『わかった』


楽しそうなトーンの会話ではなく。
淡々とした感じで会話は終了。

その知人女性には友達とルームシェアしてるって感じに言ってあって、付き合ってることは知らないから『喧嘩してるんだ、今』と話したら

「仲直りした方が良いよー、今のも心配して電話掛けてきたんじゃないのー?そうだと思うけどー」
「それに一緒に住んでていつまでも喧嘩してたらお互い心が重苦しいしょー」と。


お土産持って帰ったら仲直りしなー^^と言われたので、お土産を片手に家に帰ったのが21時少し過ぎ。


家の前に着いて窓を見てみると明かりはついておらず、暗い状態。
先に寝たんだろと思って普通に鍵を開けて入っていって。


起こしてまでお土産渡して話するのもなァと思い、それは止めて。

少しの間TVを見て、さて寝ようかと着替えて寝室のベッドを見ると










居るはずの姫が居ない。

激しい冷戦続行中

ハイ、昨日も無言でしたー・・・


って

まぁ昨日は夜勤だったから家にはいなかったワケだが。
姫も午前中に出掛けて行ったし。


お互いに変な所でプライド高くて頑固だから一度亀裂が入ると修復に時間が掛かる(笑。

まぁ一時的な感情だから別れ話にまでは至らないが。




どうなる事やら。



今のところ仕事がすれ違い状態だから家で会う事がほとんどない。

なので置手紙でやりとり(笑。


『何なん、お前のその態度?』

「ジンちゃんこそ自分の態度直してから言ったら?」
「喧嘩してんだから態度悪くて当たり前でしょ」

『怒らせてる原因が自分だって気付いてないワケ?』


内容は笑えるものではないが。

久しぶりに喧嘩してるなー、と客観的に思ったり。

こういうトコがさめてるんだよね。



まぁそのうち(もしかしたら今日?)仲直りすると思うけど。

お互い無言

昨日の朝、喧嘩してから

今まで。



一言も会話してません。

メールすらも。



我が家の冷戦は無言(笑。

最優先なのは・・・

やっぱり最愛の子供達。

今日仕事帰りにあしゅかと新哉の出身店に行ってご飯GETしてきました(笑。

今回はかなり大量に買い込んで。

・ドライフード大袋×2
・ジャンボ缶詰×5
・小さい缶詰(3コセット)×1
・白身魚ジャーキー(10本入り)×2


うーん、1ヶ月はもつと思うが・・・。どうだろう。


店に行くといつものお兄さんの姿が。

ご飯とか買うついでにいつも店先の猫チャンをじっとりよく見に行くから。
あしゅかと新哉、どっちも担当してくれた人だから俺らの顔も覚えていてくれてて。


お兄さん「あ、いらっしゃいませ^^」

王子『どぅも』

お兄さん「元気にしてますか?」

王子『えぇ、おかげ様でモリモリです(?)』

お兄さん「大分大きくなりました?」

王子『そーぅ、だなァ・・・うん、まぁまぁ』

ご飯大袋を二つ抱えている王子を見て
お兄さん「ご飯沢山食べてますか?」

王子『あぁ、最近は特に食べるようになった』

お兄さん「そうですかー^^」

王子『缶詰もあげてるし』

お兄さん「沢山食べているならそのうち男の子の方が大きさ越すと思うんですけどねぇ」

王子『まだお姉ちゃんの方が若干大きいけどな・・・』

お兄さん「あ、今度機会あれば連れて遊びにいらしてください^^」

王子『了解( ̄¬ ̄*)どっちも連れてこよう』

お兄さん「^^」




あしゅかも新哉もそんなに舌グルメではなく。

お腹空いてれば何でも食べるので。

安いのであっても高いのであっても関係ないらしい。


まぁ値段はあまり気にせずに美味しそうなのとか(←俺的に)、沢山入っているのを買っているが。


あぁ、
最近は豪勢にドライフードとまぐろ缶を混ぜて、上にかつおぶしをパラパラとふりかけて。

美味しそうにモリモリ食べるわ。

モリモリとウ●コもするしな(笑。


ハハハハハハ!!!!!(意味不明な高笑い。

貧しいけど美しく

あー

今家の前を暴走族バイク3台が爆音で走り去って行ったよ。


ウルセー。




今我が家は食糧難です。


米がナイ・・・(買えよ)

あしゅか&新哉のご飯もナイ・・・(買えよ)


なかなか買い物に行く暇もなく、ギリギリまでナイ状態。
冷蔵庫の中も良い具合にスッキリしてます(笑。

やー、米はともかく(え?)子供らにはちゃんとご飯買ってあげないとな。
あと缶詰少ししかないからまたドライフード大量に買って来よう。
今育ち盛りだから減りも早い早い。

モリモリ食べて大きく美しく成長してくれ。


美しく成長してくれ、と言えば。

前に写真載せた我が家のパキラ。

あの時の芽がもうグングン伸びて、更に3つくらい芽が出てきて。
ツヤツヤな緑の葉が輝いて見えます。

昨年買った時よりは倍以上の背丈にはなってるかな♪

嬉しい成長でした。

Read More »

はしゃいでます。

二人揃って家でまったりしてるのでまたバトンに答えてゆくぞ。


意外とありがちバトン

1.とんがりコーンを指にはめたことがある。
王子『あるある』
姫「あるー」

2.バームクーヘンをはがす。
王子『やらない』
姫「はがして食べちゃうvv」

3.扇風機の前であーーーって言う。
王子『勿論やるよ』
姫「言わないなぁ」
王子『でもやった事あるだろ?』
姫「ないよ」

4.ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる。
王子『意味わかんない』
姫「ホントに」

5.全校生徒の前でバンド演奏という妄想。
王子『ナイ』
姫「恥ずかしいね」

6.自分の写メを何度も撮って、自分が一番カッコ良く、可愛いく写る角度を研究する。
王子『気に入らない角度はあるよな』
姫「あるねー」

7.歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる。
王子『よくあるよ』
姫「電柱にぶつかりそうになった!!」
王子『それヤべーよ』
姫「車もあるよ?」

8.カップ焼きそばを作ろうとしたが、お湯を入れる前にソースを入れた。
王子『姫じゃないんだから・・・』
姫「・・・昔やった事ある・・・(小声)」

9.自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒットする。
王子『膝の裏って言うか・・・脛?マジ痛いよー」
姫「痛いよねー><」
王子『皮向けて血ィ出るよ』
姫「∑(゜Д゜;)そこまでー?!」

10.部屋の電気のひもを使ってボクシング。
王子『・・・・・』
姫「楽しいかもしれないね(笑」

11.鏡をみて、「自分はカッコぃぃ、カワィィ」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外でふとガラスに映った自分を見て落ち込む。
王子『んー、ナイ』
姫「可愛いと思わないし」
王子『や、可愛いし』
姫「そこ言い直さなくて良いから」
王子『だって可愛いもん( ゜3゜)』
姫「・・・バカぁー///」

12.自分の声を録音して聞いて、死にたくなる。
王子『録音したことがないな』
姫「ないー」

13.深夜にやっている映画を勝手にエロだと勘違いして夜更かしして後悔する。
王子『や、エロを見る際はもう堂々と明け方まで観るよ。勿論WOW×2で(笑。』
姫「そんなことないけどー、発散するなら私だけだよー///」
王子『何、言ってんの、当たり前じゃん(フフ。』

14.街中で考え事してたら、他の人に聞かれてんじゃと思い「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る。
王子『ナイわー』
姫「意味がわかんない・・・??」

15.向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる。
王子『なるねー』
姫「なるなる!!」

16.全部でいくつ当てはまりましたか?
王子『おぉ、6つだ!!』
姫「同じくvv」
王子『良いのか悪いのかワカランが・・・』
姫「まぁそうだね」
王子『とりあえず、とんがりコーンと扇風機ア゛ーは永遠にやると思う』
姫「よく銭湯でやってるよね(笑。」

17.バトンを渡したい人
ご自由にお持ちください( ゜3゜)~♪

姫サマの寝息

夜、一緒に寝る時の話。


勿論一つのベッドで一緒に並んで寝ているわけだが。

姫がたまに声を出す。


姫「・・・んー、んん・・・・zzzz」

王子『・・・・』←それを聞いてる。

姫「んー・・・あぁ・・・・・」


王子『(・・・・色っぽい・・・)』


またしばらくしてから


姫「んぁ・・・・」

王子『(・・・誘ってるのか・・・?)』







そんな話を姫にすると

「そんな声出してないもん/////」と顔を赤くして言うのだが。

でも本当にそんな感じで寝言?とまではいかないが声を出してる。

本人には自覚がないのだが。

イビキってほど酷くないし、寝言の様に完全な言葉なわけではない。

まぁ可愛いし色っぽい声だから俺は好きだが(笑。

毎年恒例の・・・

ブドウ狩りヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノ

ぶどう狩り

恒例、と言っても同棲を始めてからなので今年で二回目だが(笑。

しかし、やはり昨年行った所と同じ店に行ったのである。

安くしてくれるしブドウの品種も5種以上はあるし、甘いのから酸味の強いのまで様々。
甘いのが大好きな王子と酸っぱいのが好きな姫にとっては有り難い事である。


まぁ・・・難点なのが腰が辛いこと。

ブドウの蔓が巻きついている高さが低めなので、腰を曲げながら歩いて進まないと頭が(と言うよりも顔が)見事にぶつかる。
案内してくれたその店(と言うより果樹園?)のおばさんは普通にさくさく歩いていたが。

俺らはどうも引っ掛かるな・・・(笑。


ブドウ狩りを満喫した後、お持ち帰り用のを品定めして何房か選んで。
お持ち帰り分も量り計算で安く持って買えることが出来る。

コッチの方が目的っぽい(笑。

そして店先に一緒に並んで売ってあった桃と、黄トマトも安かったので購入。

お土産がいっぱい(*´∀`*)
・・・まぁ自分達で食べるのだけど。



ブドウ狩りを後にして、向かったのは地元。

まだまだ時間に余裕があるとの事で、久しぶりに街中へ繰り出しデートしよう!と。
丁度お祝い事もあったんでそれも兼ねて。

その話はまた後日書きますー( ゜3゜)~♪

決定、東京の旅

予定は未定、で先日書いたが。


決まりました。

10月半ば過ぎに東京に行きます。


付き合ってから道内旅行なら何度か行っているのだが。

海を越えての旅行は行った事がナイ!!!!


そして、お互いディ●ニーランドは行った事何度かあるが、
二人で行ったことがないのだ。。。




特に姫の方がディズ●ーデートしたい、と良く口にする。

や、俺も行きたいよ、そりゃぁ。


だがなかなか仕事休み取れないのも現実だし。

あしゅかと新哉が産まれたし
(大事な子供達だから敢えて“買った”と言う表現は避けるが、実にお値段、計40万ほど/爆)

車も買ったしね、何かと別な事に使っていて余裕がなかったんだよ・・・

使うのが何十、何百単位だと(笑。


今引越しも大分落ち着いたし、出費も控え気味で頑張っている。

来月ならば俺も姫も休み取れそうなので(と言っても長期では取れないが。


2泊3日の東京ディズニー●ンドデート計画始動ヾ(゜∀゜*)人(*゜∀゜)ノ


始動、とカッコ良く言ってみたものの・・・

まだ飛行機予約すらしてませんから(笑。

まぁまだ一ヶ月以上前だから少し余裕あるし。


じっくり計画立てたいと思う( ゜3゜)~♪

さすがお姉ちゃん

あしゅかはカメラに向けてポーズを決めてくれる事が多い。
(お風呂入った後だから少し毛が濡れているが)

シャッターチャンス(☆д‐)bパシャリ


あしゅか⑦



いやぁ・・・・可愛い(*´∀`*)

実に可愛い・・・(((*´ε` *)(* ´З`*)))

親バカだと言ってくれて構わない。

本当にただの親バカに成り下がってます。

娘溺愛の王子です。



可愛くポーズを決めてくれるあしゅかに対して新哉はと言うと・・・




Read More »

評判の良いケーキ屋さん

ロールケーキ

職場でも知ってる人が多く(地元人間には有名)
美味しいと評判のケーキ屋に行ってみた。

そこの店はロールケーキが一番のオススメらしく、俺の同僚も「ロールケーキ美味しいよ!」!と言っていたのでとりあえず買ってみた。

しかも当日売り分の最後の一本。


良かったァ・・・。


ってか切り分けたのがあれば良かったのにな。
一本まるまる買うしかないのでとりあえず買ったよ。1500円で(笑。
まぁ本当に美味しいらしいから別に値段は気にせず買ったけど。

ロールケーキとか人気商品はもう電話予約でほとんど売り切れてしまうらしい。

それだけリピーターが多いという事だ。


家に帰って来て夕食を済ませ。

お腹が落ち着いた所でケーキタイム♪


パクッ


・・・・・・・・・・・



∑(゚□゚*川 お、美味しい・・・・!!!!


皆が美味しいと言う理由も分かった気がした・・・。
スポンジ部分がホントしっとり柔らかくふわふわで。
市販で売ってるようなスイスロールとか比べ物にならない。
完璧なまでのしっとり感。

しっとり・・・(*´∀`*)~ポワァ

生クリームも甘ったるくもなく。飽きがこない甘さ。

少し酸味が効いたフルーツがモリモリ入っていて。


あー、ハマリそう(笑。

王子の寝クセ

今日は王子のみ休み。

姫は朝早くから仕事に行きましたー。



姫「起きてー、起きてー」

王子『んー・・・・zzzz』

姫「∑(゜Д゜;)起きてー!!!」

王子『んー・・・・・・・・zzz』

姫「送ってってくれないのー?(´A`。)」

王子『うーん・・・・zzz』

姫「ハイッ、起きてー」

王子『ん・・・(眉毛は上がるが瞼が上がらない』

姫「目ー明いてないよー!!!;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)」

王子『んん・・・(なかなか瞼が上がらない』

姫「ハイ、パチっと!!!パチッ、パチッ!!」


うっすらと目を明けると姫が笑顔で覗き込んでいた。


姫「∑開いた!!起きて!!!!」

王子『・・・・zzz』

姫「∑(゚□゚*川 ね、寝ないでー!!!!」



寝惚けて居る訳ではない。
ただ朝方は特に血圧が低いから脳が働かない。
そして睡魔には勝てない。
姫の言ってる事は分かるんだが・・・。
(それでもたまに朝姫に言われた事綺麗サッパリ記憶にない事もある。)

瞼ってやけに重いと感じる瞬間だった(笑。



とりあえず起きれた(笑。


姫を車に乗せ職場まで送っていく。

朝6時台の道路は空いてるな。



姫はいつも「王子を何回も起こすのにすごい時間掛かるんだから!!」と言うのだが。

具体的にはどのくらい掛かってるのだろうか?
全くわからない。

最後に起こされた時は記憶にあるのだが、最初に声を掛けられた時の記憶は全くないから、何時から「王子起こし」が始まってるのかがワカラナイ。


うーん、謎だ(笑。


Read More »

殺害されるぞ

昨日の夜、久しぶりに二人で映画を観に行った。

前から何度かミアが「観てみたい」と言っていた映画。


俺から誘ってみたら、二つ返事で「行くッ☆」と。


俺の仕事が終わったのが18:30で家に着いたのが15分後。

俺が帰りにイキナリ『映画観に行く?』と言ったもんだから、全然計画性がなく。

ミアは俺の帰りを待ちながら普通にご飯作ってくれてたし。
折角だからご飯食べてから行こう、と。

ご飯を食べ、ミアが仕度出来るのを待ち(メイク、髪など。

俺も着替えて・・・


いざ出発★★


レイトが20:30からだったからギリギリ間に合ったかな。

19:45頃家を出て、車ですっ飛ばして30分で着いた。


いつもなら街中の映画館に行くのだが。
やっぱり車の方が楽で。

で、車で行くなら映画観た人は駐車場サービス券によって無料になる所が良いと。

街中だと停めるトコないし。
パーキングでお金取られるし。


観たのは“デト★イトメタルシティ”。

職場の同僚(男)からも薦められていたので俺も観たかったし、ミアも邦画を珍しく観たいと言っていたので。


うん、面白かった(笑。



家に帰ったのが23時過ぎ。
帰りは車空いてて走りやすかったな♪



久々の映画デート、満喫出来ましたヾ(゜∀゜*)人(*゜∀゜)ノ

王子が倒れた噂、広まる。

昨日職場で倒れて早退して。

家に帰ってから姫がせっせと看病してくれた。

吐き気が凄かった俺にゼリーとかアクエリとか買ってきてくれて。
アイスノンで冷やしてくれたり団扇で扇いでくれたりと、身体を冷やしてくれた。

それでも吹き出てくる汗・・・


本当に王子の身体謎。


姫「どうしちゃったんだろうね・・・(´A`。)」

王子『うーん、ワカランがとにかく熱い』


熱はナイのだが身体の心からポッカポカと温まっている状態。


とりあえず水分不足が一番の原因という事で。
姫に大量摂取を命じられ、頑張ってアクエリを飲みました。


明日も休んだらと姫に勧められたが、そういうわけにも行かない。
ただでさえ急に早退と言う形で同僚に迷惑掛けてしまったから、明日は行くよ、と。

心配そうな姫を余所にとりあえず夜は少し落ち着いて寝た。


朝起きてまだ本調子ではなかったにしろ昨日よりはマシだ、と思って出勤した。


「ジンさん、大丈夫かい?」

「もう大丈夫なの?」

「無理しないでね」

「体調大丈夫ですか?」

「ご飯食べれるようになった?」

「もう来ても大丈夫なの?」

と、昨日俺が倒れた時にいなかった人にも心配され。

患者にまで心配され。


あぁ、自分の体調管理も出来ないなんて情けないにも程がある・・・ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

悪いな、皆に迷惑掛けて心配かけて。


仲の良い同僚とかからは事あるごとに

「ハイ、水を飲みなさーい!!!」

「はい、コップだして、水!!!!」

とやたら水分補給を勧められた(笑。


まぁ最初の原因が脱水だからな;
変な気候のせいもあったんだが・・・(9月に入ってまで30℃って・・・



これからは水分補給心掛けます。

王子、倒れる

不覚だったなぁ・・・・・(´_`illi)




今日、10時からの仕事だったので9時前に起床。

何だか腹の調子がすぐれないので朝食は食べずに仕事に向かった。

職場に着き、白衣に着替え。


病棟に上がった頃は何事もなくいつも通り仕事をしていたのだが。



ふと気付くとやたら大量の汗。

拭っても拭っても吹き出てくる汗。

他の同僚はそうでもないのに俺だけ。


それに加えて眩暈と吐き気。

あー、もう出る(笑)と思いトイレに駆け込み一回目リバース。

朝食は食べてなかったので固形物を吐き出したわけじゃなかったんだが、液体が。


そして、また仕事に戻り。


同僚に顔色悪いと言われたが、それでも仕事をしていた。


二回目の波が来て、またもやトイレに駆け込みリバース。。


その後はもうフラフラで意識朦朧状態。


同僚が集まってきて

「何かお前目が朦朧としてねぇ?」

「ジンさん、顔すごい赤いよ!!」

「ってか凄い汗!!!!」


その辺で意識が飛びかけ、バタンキュー。

同僚数人が支えてくれて何とか地面とゴッツンは免れたが。


主任とかNsとかが沢山来て「大変!!早く奥に連れてって寝かせなさい!!」とか何とかバタバタして。


んで気付いたらバイタル測られてて。

普段血圧90/60くらいで低めなのだが。


158/130とかΣ(゜Д゜;)

同僚は俺が低血圧なの知ってたから

「え、ジンさん普段上でも100いかないですよー!!」とNsに教えてくれていた。


何か原因は暑さに加え、嘔吐⇒脱水症状+血圧の急上昇。
おまけに寝不足の身体だったからかな。

まぁ水分あまり摂る方ではないからな;

主任に「水分摂りなさい」とかなり怒られた(´A`。)


結局その後も「少し寝てなさい」と言われ、点滴をされ。

まぁ一睡もしてないけど。


点滴が終わり大分落ち着いたから仕事に戻って行ったら同僚から「帰れ帰れ」と言われ、淋しく早退する事にしました。
や、同僚達も心配してくれてたんだがな。
またフラフラになって迷惑掛けるのも嫌だったんで大人しく早退。

が、運転出来る状態じゃなかったので夜勤から帰ってきて家に居るであろうと、姫を召喚。

タクシーに乗って来てくれました。

姫にも心配掛けたな・・・ゴメン。

有難う(´_`illi)




結論。

水分摂らないからこういう事になるんだと。

姫にはかなり前から「王子は全然水とか飲まないんだからッ!!ほら、もっと飲みなさい!!!」と言われ続けてたんだけどな;アハハ・・・。

これからは肝に銘じます( ゜3゜)~♪ ←ふざけやがって/笑。

予定は未定

もしかしたら来月東京行くかもしれません。

二人とも休み取れそうだから。


ま、気が向いたらだけどな。



でもやっぱディズニーデートはしたいよなぁ・・・。
10月は丁度ハロウィン時期だし★★

仕事仕事で休み取れても道内旅行くらいしか出来てなかったしな。

少し考えてみよう♪

お持ち帰り希望です。

今日姫を夜勤に送っていったついでに
職場に懐いているという猫の子っこを見に行った。

ホントは4匹居るはずだったのだが、見当たらなく。

姫「あれー?居ないなぁ・・・」

王子『えぇー・・・』

姫「いつもココにいるんだけど誰か出しちゃったかな?」


――ササササッ(物音&影)


王子『あ!!いたぁ!!!!∑(゚□゚(゚□゚*)』


ガシィッ←捕獲成功

子猫


王子『・・・・(*´∀`*)やー可愛いvv』

姫「ねー、可愛いしょ。この子がトラの方。」

王子『なまら小さいな』

姫「そうだねー^^」

王子『あぁ~可愛いッ!!うん、連れて帰ろうか。』

姫「いやいや、ダメだよー」

王子『だって可愛いんだもん( ゜3゜)』

姫「そんな顔したってダメだよ」


姫の許可が下りず、泣く泣く諦めて帰ってきましたが。
でも生後・・・2週間くらい?だからホント小さかった(*´ω`)人(´ω`*)
可愛い・・・(*´∀`*)

あしゅかには負けるけどね!!!(親バカ)

しかしまぁ手に乗せたりしてたんだが爪立ててかっちゃくかっちゃく・・・・。
まぁそれは予想通り、俺の手は虫刺されの酷くなった状態の様に赤く腫れ上がり。
痒くて痒くてしょうがないです。

帰ってから即行アレルギーの薬塗って。
大分痒みは引いたけどね。


あーホント攫って来たいッ!!!!!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジン

Author:ジン
・198X年生まれ
・心は♂(FTM)
・ヘビースモーカー
・黒魔族

パートナー:ミア
・198X年生まれ
・タバコ嫌いお酒好き
・フェミニンな感じ



良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
日常 (149)
馴れ初め (5)
娘or息子 (16)
バトゥン (3)
独り言 (2)
暗い話 (3)
職場 (15)
デート (33)

お客様

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。